前の記事へ «
次の記事へ »

第2回富士登山[7]:九合五勺:胸突山荘から山頂

もう九合五尺を過ぎると登っていく人が殆どいない。
先ほどの集団登山者は「胸突山荘」の宿泊客みたいだ。

日の沈む中、差し迫る暗闇が心に焦りと恐怖感を生む。

頭痛はもうそれほどしなくなったが、
体力だけはもう空状態でどうしようもなく、ゆっくり登るしかなかった・・・

途中、「影富士」も見れて満足だったが、
しかし時間がない・・・
暗くなる・・・

18:31、山頂の仲間から連絡が入る。
ちょうどあと山頂まで200mの看板をちょっと過ぎた辺りだ。

なるべく急ぐようにするも、段差も高くなり一苦労。

ようやく山頂の鳥居に辿り着いた時はとても感動した!
剣ヶ峰とお鉢巡りはできなかったが、これで辿り着いたのだと一定の満足は得られた。

ここまでの所要時間は57分。
公式所要時間は30分。

辺りも急速に暗くなってきたので急いで下山の準備をする。
しかし、スパッツの履き方とか、事前に準備・確認してこなかったため、少し手間取った。
これはホントによくない。
反省点だ。

寒くなったのでレインコートも着る。
まだ真っ暗じゃないがいよいよ御殿場ルートからの下山。

この時点では、下山の過酷さ、恐ろしさがまだまだ想像不足だった・・・・・

★ここまでの経過ポイント
 ・06:30~07:00 シャトルバスで「新五合目」へ
 ・07:00~07:50 準備運動
 ・07:50~08:06 「新五合目」から「六合目:雲海荘」
 ・08:06~08:35 休憩
 ・08:35~09:57 「六合目:雲海荘」から「新七合目:御来光山荘」
 ・09:57~11:00 休憩
 ・11:00~12:14 「新七合目:御来光山荘」から「旧七合目:山口山荘」
 ・12:14~12:37 休憩
 ・12:37~13:45 「旧七合目:山口山荘」から「八合目:池田館」
 ・13:45~14:58 休憩(かなりグロッキー状態・・・)
 ・14:58~15:44 「八合目:池田館」から「九合目:萬年雪山荘」
 ・15:44~16:26 休憩(これまたグロッキー状態・・・)
 ・16:26~17:36 「九合目:萬年雪山荘」から「九合五尺:胸突山荘」
 ・17:36~17:44 休憩
 ・17:44~18:41 「九合五尺:胸突山荘」から山頂
 ・18:41~18:49 火口付近撮影
 ・18:49~19:00 下山準備

★山頂への道のり
DSCN0555DSCN0556

★影富士
DSCN0557DSCN0558

DSCN0561DSCN0566

★山頂の鳥居
DSCN0575

★山頂
DSCN0576

★火口、剣ヶ峰が見渡せる地点
DSCN0591DSCN0592

DSCN0596DSCN0598

DSCN0599

DSCN0600

DSCN0594


第2回富士登山[1]:水ヶ塚公園から六合目:雲海荘
第2回富士登山[2]:六合目:雲海荘から新七合目:御来光山荘
第2回富士登山[3]:新七合目:御来光山荘から旧七合目:山口山荘
第2回富士登山[4]:旧七合目:山口山荘から八合目:池田館
第2回富士登山[5]:八合目:池田館から九合目:萬年雪山荘
第2回富士登山[6]:九合目:萬年雪山荘から九合五尺:胸突山荘
・第2回富士登山[7]:九合五尺:胸突山荘から山頂
第2回富士登山[8]:山頂から御殿場ルートでの下山



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です