前の記事へ «
次の記事へ »

第2回富士登山:後日談

第2回富士登山から1週間経過した。

まあ「後日談」ってほどの事じゃないが、ちょっと振り返ってみる。

8/10(土)から日付を跨いで8/11(日)に下山完了。
家で寝て8/11の起床は、特に筋肉痛ってわけじゃなかった。
異様なダルさはあったが、それでも所々で休みながら下山したり、
帰りの車で眠っていたりしたからかもしれない。
ただ、左右の足の指はちょっと痛かった。
これは下山時に痛めたもの。
かなり滑ったりして足に負担をかけたから。
でも、靴下の下は別に切ったりしたとかはなかった。

翌日8/12(月)。
この日は仕事だったが、まだ特に体が痛いとかはなかった。
やっぱ足がダルイ?足の指がなんとなくイタイ??力を加えると。

8/13(火)。
左半身全体がやや筋肉痛みたいな違和感?
これが8/14(水)も続く。
でも、思ったほどの激痛とかじゃない。
第1回富士登山もそうだったは、思ったよりも筋肉痛が襲ってきたワケじゃない。
仲間の中じゃ一番だらしのないというか不甲斐ない登山だったが、
それが功を奏した??のか、とにかく体へのダメージは、
とても苦しかった登山と比較しても、思ったほどじゃなかったですね。

とは言え。
やはり日頃の訓練が、トレーニングがいかに大事かが身に染みました。

本当に行くか分からないけど、いつか目指すことになるかもしれない「アルプスへの道」へ備えて!

DSCN0606-2


第2回富士登山[1]:水ヶ塚公園から六合目:雲海荘
第2回富士登山[2]:六合目:雲海荘から新七合目:御来光山荘
第2回富士登山[3]:新七合目:御来光山荘から旧七合目:山口山荘
第2回富士登山[4]:旧七合目:山口山荘から八合目:池田館
第2回富士登山[5]:八合目:池田館から九合目:萬年雪山荘
第2回富士登山[6]:九合目:萬年雪山荘から九合五尺:胸突山荘
第2回富士登山[7]:九合五尺:胸突山荘から山頂
第2回富士登山[8]:山頂から御殿場ルートでの下山



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です